スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.02.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

台北旅行記〜その1

4泊5日で台湾へ。
いろんな大学院の日本人15名で成田から台北に入る。

台北にて、たそがれる。


桃園空港で、迎えてくれたのは、台湾人留学生の皆様。

チャーターされたバスに乗り込む。


ホテル到着後、夕食のために、鼎泰豊(忠孝店)へ。

この支店、店員のスカートの長さが通常比50%短い気がしました。


・鼎泰豊(忠孝店)
ディンタイフォン チョンシャオディエン
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=307



その後は、一部の人たちと留学生A様の案内の下、夜市へ。



途中、留学生B様も合流。


・饒河街夜市
ラオハージエ・イエシー
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=229



その後、さらにかき氷を食べに、人気の冰館 Ice Monsterへ。







・冰館 Ice Monster
ピンクァン(アイスモンスター)
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=95


あと、バスにて移動し、足つぼマッサージへ。


なんだかんだで、日付が変わったあとにホテル着。



以下、台北観光で行った場所。


【デザート】
・冰館 Ice Monster
ピンクァン(アイスモンスター)
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=95

マンゴーかき氷がうまいお店。
永康牛肉麺館からも近く、徒歩5分圏内。


【食事】
・鼎泰豊(忠孝店)
ディンタイフォン チョンシャオディエン
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=307

なお、本店は、冰館 Ice Monsterのある永康街という地域にあるそうです。


・永康牛肉麺館
ヨンカン・ニウロウミェングァン
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=37

牛肉麺がうまい台北の人たちに人気のお店。



【夜市】
・士林夜市
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=290

金土日は人ごみがすごいらしいので、盗難注意です。


・饒河街夜市
ラオハージエ・イエシー
http://www.taipeinavi.com/food/restaurant.php?id=229



【観光】
・台北101展望台
Taipei101 OBSERVATORY
http://www.taipeinavi.com/play/play.php?id=5

夜景を見るにはいいかも。


・國立故宮博物院
National Palace Musium グオリー・グーゴン・ボーウーイエン
http://www.taipeinavi.com/play/play.php?id=19

フランシスコ

カンファレンスに参加中、

ネット環境を整えるために、ホテルのビジネスセンターに向かう。


途中、きれいな白人に声をかけられ、“逆ナン?”と思ったら、

ホテルマンと間違えられただけだった・・・orz


修行が足りん。

評論家?

人とコミュニケーションをとることにめんどくささを感じる12月。


日照時間が少なくなると、それに比例して、人とコミュニケーションをとりたくなる性格のようです(笑)


風邪予防にマスクをしていたら、よけいに人が寄り付きません。




もっとも、週末はイヤでもコミュニケーションが求められるが・・・
(ん?単に騒ぐだけな気が。。。)
朝まで楽しみます。



最近は、人のビジネスを単に評論しているだけに終わっている気がしてならん。


まさに、これ状態です。



改善を試みる。





マインドマップ


使うと、頭が整理できて非常にいい。


体験版から製品版購入に移行予定です。


人の話を聞きながらちゃっちゃとマップ化していると、
その人が論理的かどうかがわかっちゃうからある意味怖い。






ここまで来ると、なんでもありだなぁ。



戦隊モノのファンの中では、写真集が話題になっているとか。


なんだか、日本,大丈夫か?


みしゅらんと日々の生活

評価:
---
日本ミシュランタイヤ
¥ 2,310
(2007-11-22)
○反省
その1
午前。足元を見ると、靴の種類が左右違うことに気がつく。

その2
クライアントに到着したとき、ベルトをしていないことに気がつく。


今日に限って、偉い人と会食&外部の研修講師。


会食は座敷でないことを祈り、外部研修では、受講生との距離が遠いことを祈った。


仕事では、かなりテンパってましたが、ばれなかったことが唯一の救い。

まだまだまだまだ仕事があまい。あまちゃん。

どーしても、“にげる”を選択したくなりますね(苦笑)

“たたかう”。とにかく“たたかう”を連打することが課題。

“たたかう”をしないかぎり、経験値は上がらん。





さて、そんな中、ミシュランをゲット。


タイヤではありませんからね。


行ったことあったのは、ひらまつだけでしたね。


ワインをばかばか頼んで、一人4万円くらいになったが、その御代は、兄もちだったり。


やっぱりワインはグラスで頼めるといいな。



あつまり

同級生との懇親会。

総勢・・・

何名だったのかな?

60は越えていたと思う。


各人の強みをつなげると、面白いことができそうだ!

はげしく飲む

前職時代の悪い人たちとの飲み。

週の始めだというのに、総勢15名ほどが集合。

仕事が忙しいはずだが、そこは仕事のできる人たち、無理やり時間を作って参加。


気がつけば、ピッチャーを皮切りに、焼酎ロック、ウイスキーロック、バーボンロック・・・

これらのイッキがはじまる。

あのおそろしいゲームが始まり・・・


数名、死者が出てました。。。


ん〜。

考えモンです。

ケーキダイブ

祝い事のときにはやはりケーキダイブ!


ってことで、今回はN氏。


こんな感じになりました。


自分も気をつけます(笑

イタ電

「O社のEさんから電話です」


いそいそと仕事をしていたら、そんな呼び出しが。


一瞬、“O社って???どこ???”って思いましたが、


ヤツでした(笑)


中途半端なコメントしかできず、失礼しましたm(_ _)m






交流会で同業者の美女知り合ったので、数人で2次会。


修論の研究テーマが似通っているのがわかったので、いろいろと聞いてみる。


ヒントがもらえよかった。





深夜にイタ電してみたが、相手が深い眠りについていたときだったので、後味あし。



intangibleだった才能がtangibleになりつつあるので、その過程を注目してみたい。

腹芸コミュニケーション

韓国人(女性)、台湾人(女性) vs 日本人(男性)


“日本の男性はなぜ自己主張しないのだ?”


という内容につき、激論を交わす。



日本には「腹芸コミュニケーション」という、“言葉に発しなくてもお互いの言いたいことがわかるコミュニケーションが存在している”ということを説明したが、



“意味わかんねー”と一蹴される。



そうはいっても、いまだビジネスの場でも存在するこの非言語コミュニケーション。




暗黙知の領域であったから、何も言わずにタブーにはなにも手を出さなかった。



スティールやライブドアや村上ファンドの件は、この非言語コミュニケーションを理解できない人たちに対する社会的な反発とみてもよいのかもしれん。



このことを、“だから日本は後進国だ”という人もいるかも知れんが、それも一つの見方だ。


いわば、他の文化から見たら、そうであろう。



しかし、日本の伝統というか文化を主軸としてみると、納得する部分があるのかも知れん。



どこに軸を置くか。


見方は変わります。


欧米文化を軸にして、上述の事件を主張するであれば、欧米で長年生活して文化を理解している人間でないと、その主張は薄っぺらいものになるのだろうなぁ。



欧米的発想を軸にしている人たちが、欧米人でも自国ではやらないことを平気でやってたりするし。



軸がなにか?



それを考えながら世間の流れを見ると面白い。




同じ日本人でも、文化的なものは微妙に違うので、それぞれ違う見解を持っていても当然。


それが海外になると。


違って当然だ。



ただ、何事にも“理解する”という姿勢だけは必要なのだろう。


なぜなら、“絶対的な真実”はないのだから(笑)

せれぶ

ちょーせれぶ。



どんぺりのカキゴオリ




ひめのまねをして行くべ!



| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にんじゃ

nakanohito

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン
あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (JUGEMレビュー »)
加治 将一
文庫本もでてるのですね。 龍馬だけでなく、その当時の脱藩した侍達がどのように行動していたか、一つの見解として語られています。

recommend

recommend

recommend

recommend

幕末史
幕末史 (JUGEMレビュー »)
半藤 一利
幕末史。もう一度勉強し直そう。

recommend

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (JUGEMレビュー »)
美崎栄一郎
スーパーサラリーマンのMさんによるノート術の本。 二次関数的にやることの幅が広がって、成果もだしている。 そんなMさんの秘技が満載。

recommend

recommend

recommend

recommend

会社の読み方 (ビジネス・ゼミナール)
会社の読み方 (ビジネス・ゼミナール) (JUGEMレビュー »)
松田 修一
私(このブログの管理者)を知っている人は必ず読んでください。必須です!!!とにかく必須です。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

最前線のリーダーシップ
最前線のリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
マーティ・リンスキー,ロナルド・A・ハイフェッツ

recommend

recommend

紳竜の研究
紳竜の研究 (JUGEMレビュー »)
島田紳助、松本竜介

recommend

プロフェッショナルの原点
プロフェッショナルの原点 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー,ジョゼフ・A・マチャレロ

recommend

recommend

recommend

recommend

ケツノポリス5
ケツノポリス5 (JUGEMレビュー »)
ケツメイシ,NAOKI-T,YANAGIMAN,和田剛,坪井雄

recommend

recommend

recommend

サクッとうかる日商3級商業簿記テキスト 第3版
サクッとうかる日商3級商業簿記テキスト 第3版 (JUGEMレビュー »)
福島 三千代
簿記3級を勉強するならこの本の内容を理解できれば。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14)
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) (JUGEMレビュー »)
安彦 良和,矢立 肇,富野 由悠季
シャアが三倍早く動いています!!!
レビル中将が捕まりました!!

recommend

recommend

父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏
父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏 (JUGEMレビュー »)
ジャワーハルラール ネルー
“くらべるシリーズ”を書いた方が勧めていた本。
教養を身につけるために、読みます。

recommend

くらべるシリーズ2 どこが違うの?ホタルの光と蛍光灯
くらべるシリーズ2 どこが違うの?ホタルの光と蛍光灯 (JUGEMレビュー »)
藤嶋 昭
R25にも取り上げられていた“光触媒”の効果を発見した方。自分の名前が化学用語になっているんだから、すげぇ。
この方の講演会は身近な事柄と科学とを織り交ぜながら展開されるので、素人でも十分楽しめます。
豊富な知識をお持ちの方なので、機会があれば一度聴いてみるのもよし。

recommend

財務会計論
財務会計論 (JUGEMレビュー »)
飯野 利夫
古い本で難しい本ですが、財務会計といえば、これ。
この本を知らずして財務会計を語れずと言われるほどの本でした。
会計の専門家であれば一度はよんだことがあるはず(そうでなければもぐりと呼ばれます(笑))。

recommend

原価計算
原価計算 (JUGEMレビュー »)
岡本 清
原価計算といえばこれでした。
すげー分厚い(大笑)
実務で原価計算に絡んだことがある人でしたら、“な〜んだ”というような感じで簡単に読めます。
前提知識がない場合には、3回読めば何とか。

recommend

モチベーション・リーダーシップ 組織を率いるための30の原則
モチベーション・リーダーシップ 組織を率いるための30の原則 (JUGEMレビュー »)
小笹 芳央
i-Companyというところの講座と内容がかぶる。(リンクも絡んでるからあたりまえか。)
著者が過去に書かれた本の内容をまとめたに過ぎないというのがあっしの書評です。

recommend

決定版 ほんとうにわかる経営分析
決定版 ほんとうにわかる経営分析 (JUGEMレビュー »)
高田 直芳
経営分析の本をかなりの数読んできましたが、これはかなりの良本。
単に数式が載っているだけでなく、“どのように見るか”まできちんとかいてます。
会計士の方々にも読んでもらいたいですね。

recommend

くらべるシリーズ (1)
くらべるシリーズ (1) (JUGEMレビュー »)
藤嶋 昭,神奈川科学技術アカデミー科学書編集委員会

recommend

recommend

最強ヘッジファンドLTCMの興亡
最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (JUGEMレビュー »)
ロジャー ローウェンスタイン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM