スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.02.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【Google】 Tips for the Entrepreneur

Tips for the Entrepreneur



さすが、スタンフォード!!!!

シリコンバレーに行きたい!

アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ)

マクロ経済学を学ぶ機会があるが、“じゃあ、具体的には???”と思っていた時に本屋で目の前にあったのがこれ。


“世界の経済指標を常にウオッチしろ”と常日頃言われ、

“不測の事態に対処するために先手を打て”とも常々言われる。


economistや日経に載っている経済指標を見るようになってから、すこし次の動きが見えてきた気もする。

日経は月曜日の朝刊に日本の経済指標を毎週載せており、米国、欧州、アジアについては交互に載せております。
過去3年間くらいの数値を載せてますので、世の中の動きと照らし合わせると面白い。

economistは毎週世界各国の主要指標を載せてます。
こちらは直近数値がメインのため、1か月単位で補足するとよりよいでしょう。


また、バイアスのない海外メディアの記事も比較すると、おもしろい。


最近はこんな記事が。
【Activist investors in Japan】Samurai v shareholders
Japan's establishment continues to rebuff foreign activist investors



マクロ環境を見る〜その1〜

マクロでみると、日本ってまだまだいけそうですね♪


米国、欧州、アジアを見ると、スタグフレーションの懸念がありますが・・・

朝鮮日報はこちら。


economistの消費者物価指数(comsumer prices)の表を見ると、

米国 4.3%(2007/11) 2.0%(2006/11)
EU 3.1%(2007/11)  1.9%(2006/11)
中国 6.9%(2007/11) 1.9%(2006/11)

我らが日本
0.6%(2007/11)  0.3%(2006/11)

どこも2008年のGDP成長率は2007年よりも下がるという
予測のため、景気減退。
一方で、物価は上昇。

EUは完全にインフレみたいですね。

economist



聴衆のコントロール

集中的な講義であればあるほど、講師による受講生のコントロールの能力が問われる。



活発に意見交換をさせる状況を作り出すのも能力なのだろう。



また、講師と受講生とで情報を共有する行為は最初の段階で必要。



情報の非対称性があると・・・



講座の方向性が示せないと。。。



もうダメですね。



非常にいいこと、重要なことを言っているのだと思うが、語り手の能力次第でどんなものにもなる。



非常に残念だ。



Take control



発見・予知・予防・対処・復旧


この方には、予知が足りないのかもしれない。

夏の学びや

日本は完全に夏。


水着のまぶしい季節で♪



んなこと言っている余裕はありません。



夏は学び。



先週は1週間まるまる学びやに行けなかったので、結果、F評価。









今週は・・・


ぜんぜんわかりません。


授業についていけず、また白髪が増えてます。


まるで、 ムーディー状態。





物事をマクロで捕らえられなくなってきている今日この頃。



まるで、 “三十路心と夏の空”みたいです。



もう少し、広い視点、広い心をもって、情熱的に。





そんなこんなで、体重がべらぼうに増えたので、毎年ながら減量がこの夏の目標。



ってことで、今週も飲み会が3つ。



まとまりがない日常。



煩悩と戦ってます。

財務3表一体理解法―決算書がスラスラわかる

1日の講座で38,000円か。


自腹切ってどんな授業をやるのか見に行こうかな♪


自分ならこう教える!っていうのもたくさんありそうだし。


自分のほうがもっとわかりやすく教えられると思うし(笑)
(そう思い込んでいるだけだが・・・)




さて、キーワード検索で引っかかる人が多いので、もう一度取り上げてみました(笑)


この本の唯一の弱点としては、書いてある内容のレベルが、後半にとたんに上がることだ!(私見)


「資本金300万円で会社を作りました」



というのと



「デットエクイティスワップ」


を同じレベルのものとして本で取り上げているかように読めてしまうので、


そこは良くないかな。って思った(個人的な感想)




ところで、自己資本であるが、投資家からお金を株式発行で集めた場合、会社の持ち分を渡すので、お金は返さなくてよいのか?


確かに、返さなくてよい。


しかし、還元はしないといけない。


ここは難しい話であるが、投資家はリターンを期待しているはずだから、投資家が期待しているリターンを企業価値、いや、企業価値のうちの株主に関する部分の価値を上げることで間接的にお金を還元することになるのでしょう。


利息がない分、“あれ?タダ?”って勘違いしてしまいますが、銀行よりもやっかいだったりしますので。株主は。


その辺は取扱上、注意が必要ですね。





そうそう、写真ですが、正面で撮るよりも少し左右どちらかにずらして撮ったほうがいいかと。(私見)


人には、かっこよく映る角度があるみたいですし。



そうそう2、この本とOさんのエクセルを比較すると、Oさんのエクセルのほうがやっぱいいな。(かといって、Oさんを必ずしも推奨しているわけではないので、その辺は自己判断でお願いします。)


あの内容だけわかっていれば・・・

入り口としては十分だ!


気をつけろ!





結論
この本(財務3表)を読んでも、100%理解できないので、やっぱりセミナー受けに六本木に行ってしまう。

ってことですね。


マーケティング戦略的にはありかも知れません。(私見)




追伸
題材が、キャバとか六本木という場所の特徴を生かしたものだと面白いのになぁ。



「なぜあのキャバクラはもうかるのだろうか。身近な欲望から始める会計学。」



会計学のところを“経営戦略”に変えてもいいね。



そんな講座があったら受けたい!

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にんじゃ

nakanohito

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン
あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (JUGEMレビュー »)
加治 将一
文庫本もでてるのですね。 龍馬だけでなく、その当時の脱藩した侍達がどのように行動していたか、一つの見解として語られています。

recommend

recommend

recommend

recommend

幕末史
幕末史 (JUGEMレビュー »)
半藤 一利
幕末史。もう一度勉強し直そう。

recommend

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (JUGEMレビュー »)
美崎栄一郎
スーパーサラリーマンのMさんによるノート術の本。 二次関数的にやることの幅が広がって、成果もだしている。 そんなMさんの秘技が満載。

recommend

recommend

recommend

recommend

会社の読み方 (ビジネス・ゼミナール)
会社の読み方 (ビジネス・ゼミナール) (JUGEMレビュー »)
松田 修一
私(このブログの管理者)を知っている人は必ず読んでください。必須です!!!とにかく必須です。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

最前線のリーダーシップ
最前線のリーダーシップ (JUGEMレビュー »)
マーティ・リンスキー,ロナルド・A・ハイフェッツ

recommend

recommend

紳竜の研究
紳竜の研究 (JUGEMレビュー »)
島田紳助、松本竜介

recommend

プロフェッショナルの原点
プロフェッショナルの原点 (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー,ジョゼフ・A・マチャレロ

recommend

recommend

recommend

recommend

ケツノポリス5
ケツノポリス5 (JUGEMレビュー »)
ケツメイシ,NAOKI-T,YANAGIMAN,和田剛,坪井雄

recommend

recommend

recommend

サクッとうかる日商3級商業簿記テキスト 第3版
サクッとうかる日商3級商業簿記テキスト 第3版 (JUGEMレビュー »)
福島 三千代
簿記3級を勉強するならこの本の内容を理解できれば。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14)
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) (JUGEMレビュー »)
安彦 良和,矢立 肇,富野 由悠季
シャアが三倍早く動いています!!!
レビル中将が捕まりました!!

recommend

recommend

父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏
父が子に語る世界歴史〈1〉文明の誕生と起伏 (JUGEMレビュー »)
ジャワーハルラール ネルー
“くらべるシリーズ”を書いた方が勧めていた本。
教養を身につけるために、読みます。

recommend

くらべるシリーズ2 どこが違うの?ホタルの光と蛍光灯
くらべるシリーズ2 どこが違うの?ホタルの光と蛍光灯 (JUGEMレビュー »)
藤嶋 昭
R25にも取り上げられていた“光触媒”の効果を発見した方。自分の名前が化学用語になっているんだから、すげぇ。
この方の講演会は身近な事柄と科学とを織り交ぜながら展開されるので、素人でも十分楽しめます。
豊富な知識をお持ちの方なので、機会があれば一度聴いてみるのもよし。

recommend

財務会計論
財務会計論 (JUGEMレビュー »)
飯野 利夫
古い本で難しい本ですが、財務会計といえば、これ。
この本を知らずして財務会計を語れずと言われるほどの本でした。
会計の専門家であれば一度はよんだことがあるはず(そうでなければもぐりと呼ばれます(笑))。

recommend

原価計算
原価計算 (JUGEMレビュー »)
岡本 清
原価計算といえばこれでした。
すげー分厚い(大笑)
実務で原価計算に絡んだことがある人でしたら、“な〜んだ”というような感じで簡単に読めます。
前提知識がない場合には、3回読めば何とか。

recommend

モチベーション・リーダーシップ 組織を率いるための30の原則
モチベーション・リーダーシップ 組織を率いるための30の原則 (JUGEMレビュー »)
小笹 芳央
i-Companyというところの講座と内容がかぶる。(リンクも絡んでるからあたりまえか。)
著者が過去に書かれた本の内容をまとめたに過ぎないというのがあっしの書評です。

recommend

決定版 ほんとうにわかる経営分析
決定版 ほんとうにわかる経営分析 (JUGEMレビュー »)
高田 直芳
経営分析の本をかなりの数読んできましたが、これはかなりの良本。
単に数式が載っているだけでなく、“どのように見るか”まできちんとかいてます。
会計士の方々にも読んでもらいたいですね。

recommend

くらべるシリーズ (1)
くらべるシリーズ (1) (JUGEMレビュー »)
藤嶋 昭,神奈川科学技術アカデミー科学書編集委員会

recommend

recommend

最強ヘッジファンドLTCMの興亡
最強ヘッジファンドLTCMの興亡 (JUGEMレビュー »)
ロジャー ローウェンスタイン

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM